>  > ヒメオオクワガタ
Dorcus montivagus montivagus
初稿2009/10/27
更新2013/08/10

北海道小樽市産 TAR坊さん採集
学名 Dorcus montivagus montivagus
分布 北海道から九州のブナ帯
特徴
特記など
高山性のクワガタで標高800〜1000mm以上に生息している、なので高温には弱いです。
発生時期は6月〜10月初旬頃まで採集できる。ヤナギの木に付いていることが多く、ブナ帯に生息しているよう。

九州産はキュウシュウヒメオオ D.m.adachii と亜種になってます。
2009/10/27
野外品48mm。

初めてみましたが、意外にもかっこ良い♪足も長い。


良く動き回るので写真撮るのに苦労しました。。。


2♂1♀での飼育スタートです。
2010/05/12
ひと冬越し、なんとか産卵セットまでたどりつきました。。。
見よう見マネのセットでどうなるか?ですが。

セット後に聞いたんですが堅めの材が良いとか。。。
次のセット用に準備しておこう♪
2010/08/10
結局最初に組んだセット1個のみ。。。
しかも3ヵ月も経ってます!

エアコンの効いた涼しい場所での放置・・・。

材2本入れてまして、ナラ普通材とカワラ材。
ナラ材が思った以上に固くて、そっちにだけ産んでました。

4幼虫と5卵です。(全部孵化しそうです)

幼虫はカッチカチの所を食してました。このあと何で飼育しようかな?
産卵に成功しただけ良しとするか♪
2010/09/03
マット上にて卵で保管してたすべてが孵化しました♪

2010/10/20
 神長さんとこのカワラで飼育してます。。。結局10頭の幼虫が取れ、親成虫は越冬に入ります。

ど初令から入れてますがいまいち成長が悪い・・・です。
マットに戻そうか。。。
2010/12/18
10頭の幼虫たちも無事育ってます。
あまり大きくはなってないけど・・・。

合うエサは何だろう。。。
先回と同様にカワラとマットの両方で様子見てます。


成虫はまだ元気に動き回っております。。。室内常温じゃまだ越冬は出来ないようです。
2011/01/30
カワラ菌糸の劣化がひどかったのでエサ交換しました。
マット組も育ちが今一なのでカワラへ。。。よって全てカワラ菌糸にしました。

大きいのが4.9g、小さいのは1g台。。。差があるねぇ、でも無事羽化までもっていきますよ。
2011/05/28
去年のがマグレじゃない事を証明したいので今年もセットしました。
北海道産で野外採集のを今年も使います。

ばっちりエサ食いも良く、材のチョイスが微妙なとこですが。。。
2011/07/03
エサ交換。。。
カワラで安定して育ってます。。。最大が6.6g。

なかで1頭だけ羽化してました。
ちっちゃい♂です。でも嬉っ!


幼虫も黄色くなってすので最後のエサ交換か?!
2011/11/03
またまたエサ交換。。。
カワラの劣化が酷くてエサ交換しました。蛹化の気配もないし。。。

体重も減ってました。

あとメスが1頭羽化してます(嬉)。これでWF1で1ペアになりました。残り6幼虫は。。。


もう、そろそろ完全に忘れてる産卵セットもチェックしなくちゃ。。。

ちなみに野外採集のペアはまだ生きてます。(バリバリエサ食ってます)3年目の来年も使えるのかな?!
2012/05/09
劣化もいいとこです。。。 先回から半年経過。


でもちゃんと羽化してました、写真は♂。

♀も同じ様に(嬉)

菌糸は神長さんとこのEカワラ使用です。
添加少なくオールマイティです。迷った時はコレ♪


2010年累代はこれですべて羽化しました!(WF1)
全部完璧でした。

そうそう2011年の累代は失敗してます・・・(汗)


なんで今年はまだやりますか?!
2013/04/09
昨年はやりませんでしたので。。。
今年は準備バッチリで累代に挑戦します。WF1xWF1の同腹、北海道産のヒメオオクワ。

3月早々に越冬から目覚めていましたのでペアリング、産卵用の材の仕込みと。。。

昨日セットしました。この時期常温ですが、20度以上にならないように注意して。。。

単純なセットですが結果楽しみに。。。またしばらく放置です。。。
2013/08/10
画像無し。。。

累代終了〜!!
 >  > ヒメオオクワガタ