>  > M.タランドゥス

Mesotopus tarandus
(オオツヤクワガタ属)

CBF1 巧級累代
◆分布 アフリカ 中・西部 コンゴ盆地   (コンゴ民主共和国)
◆特徴 ツルピカの真っ黒なボディ
成熟すると『ブルブル』と頭を上下しながらバイブレーションさせます。これを体験したくて飼育を始めました(^-^)/
現地の気候は乾季と雨季が有り、アフリカ中央部コンゴ盆地周辺は4月〜11月頃が雨期12月〜3月頃までが乾期となるようです
◆飼育環境 成虫飼育は他の昆虫と同様で良いです。
飼育書などに書かれているより飼育温度の範囲もわりと広く、夏の30℃、冬の15℃でも☆にならずに飼育出来ました(でも25度以下がベストでしょう♪)
幼虫はカワラ菌糸での飼育。こちらは25度以下
高価で劣化が早いのが難点 (^^ゞ
●2005年、幼虫3頭と新成虫2ペアからブリードを開始♪
◆A♀41(WF1) x B♂60(WF1) A-LINE 2005/08羽化 ●2005-
◆B♀42(WF1) x A♂65(WF1) B-LINE 2005/07羽化 ●2006-
◆♀51(WF1) x ♂75(F2) C-LINE (♂あわゆき氏) ●2007-
未交尾でセット^^;
 2006 新成虫
 2007 新成虫
 2008 新成虫
 >  > M.タランドゥス